高密度なデータセンターの冷却

高密度なデータセンターの冷却について考えてみたい。高密度なデータセンターでは、レイアウトが非常に大事となるのである。暖気側通路、および冷却側通路を考える必要があるのです。それにより発熱をいくらか発散することができるのです。とにかくデータセンターは熱を逃がすことが大事なのです。その方法は常に考えられています。

高密度なデータセンターの新しい冷却法

高密度なデータセンターの新しい冷却法が最近、注目を集めている。高密度なデータセンターでは、排熱について常に最新の注意を払っている。これまでは、20度から22度にすることが普通だったが、最近では27度くらいまであげることにしているようだ。これにより、空調の冷却能力を効率よく上げることができるらしいのだ。